ゴルフコースにあるバンカーとゴルフの上達方法について

ゴルフを始めた人だけでなく、ゴルフをよく知らない人でも良く耳にするゴルフ用語の1つに「バンカー」があると思います。

バンカーに入っちゃった・・・という失敗の代名詞のようなこの言葉ですが、実際にはバンカーとはどのようなものなのでしょうか。

バンガーとはゴルフコースにある障害物のうちのひとつです。これはゴルファーにとっては悩みの種となっています。特にゴルフの初心者はこのバンガーにボールを入れてしまう事が多いのが事実です。ではもう少しバンカーについて説明をいたしましょう。

バンガーには、フェアウェイに沿ってあるバンガーと、グリーンの周囲にあるサイトバンガーという2つのタイプがあります。フェアウェイ沿いのバンガーはティーショットが落ちる周りに多く存在します。

アゴが高くない場合でも、アゴが近すぎるという事でショットが上手く打てなく、グリーンから外れる事もあります。ですからまずはフェアウェイに出すためのショットをする場合もあります。

サイドバンカーではアゴが高く、そしてグリーンまでの高低の差が大きい事があります。またグリーンを狙ったのに直接バンガーにボールが入ると、目玉と呼ばれている砂にボールが埋まる状態になってしまいます。
バンガーでは初心者は失敗する事が多いので、そうならない様に気をつけてプレイしましょう。

ただしバンカーにボールが入ってしまうのも避けられないというのもまた真実です。バンカーからの脱出方法についても徐々に練習をしていくことが必要です。

ゴルフで100を切ることを1つの目標としている人も多いですが、スコア100を切るためのボトルネックとなる1つがバンカー攻略でもありますね。⇒ゴルフ100切りの練習って