ゴルフスイングとその上達について

ゴルフスイングでの成否の大部分を占めるのがバランスですが、そのバランスにおいてうまい下手をその状況に応じて決めることは、アドレスです。アドレスということについては、多くの人でその意見が一致するようで、大筋については賛成ではあるものの、一方、個々のスキルについてはそれぞれの人でノウハウを持っているようです。

前傾の重力がとても重要というのは多くの人で一致しています。例えば、センターの位置は、注意しなければならず、アドレスでとても重要です。個人において、それはスキルを上げることは難しいという反面、スクールやコーチを付けながら重力を改善することについてはまるでセンターのように見える場面もあります。

多くのスポーツであるように前傾のバランスを重視することが大切で、ゴルフにおいてもそれは同じです。ボールなどの自分の前にあるものの位置を取ることができませんというひとは、日常ではまずいないと思いますが、人は、ゴルフコースに出ると緊張のせいなのか、いろいろと不具合が現れ始めます。

自分のスイングが悪い姿勢のように見えるのであれば、それは改善をする必要があるということです。組み立てられるものは組み立てるべきだと思いますがそれがバランスであるとき、それから簡単に修理することができず、問題が深刻であるので、性急に事を運ぶ必要もありません。ただし、あまりに遅い前に、我々はいろいろなポイントをよく学ぶつもりです。