スコアを上げるパッティングについて

パターはグリーン上でボールを転がすために使うクラブなので、ウッドやアイアンに比べると派手さがありません。
ところが「パット・イズ・マネー」という言葉がゴルフの世界にはあるのです。1打のパットがお金に直結するということは、勝負の行方にかかわるということ。つまりパッティングはとても大切だという事ですね。

プロゴルフの試合で勝敗を分けるのが最終的にはパットの優劣だそうです。つまり優れたパッティングがスコアを伸ばすのです。それではここでパッティングについてお話ししましょう。

多くの場合にパッティングの練習というのは、最後になることが多いと思います。一般的に面白くないですからね。もちろんパッティングの練習は自分の部屋の中ででもできますから、その分練習時間を増やすことは可能なのですが、いかんせん、練習を継続するのが難しいのです。

とはいえ、パッティングの練習をしないわけにはいきませんからその練習方法をここで紹介いたします。

まず基本としてパッテングの時には目の真下、もしくはそれより左寄りにボールを置きます。テイクバックとフォロースルーの大きさは同じ位にして力を入れすぎない様にします。
そしてボールを打つ時にはパターを当てるだけでは不十分です。ロフトを正確に使ってボールをしっかり打つのです。

スコアがなかなか伸びない人はパッティングの技術を身につける事が大切になります。
ですからその様な人はパッティングの練習をしてみる様にしましょう。