ゴルフでの握り方のテンフィンガーグリップ

ゴルフをプレイするのに重要になるのがグリップです。グリップはゴルフクラブとゴルファーの身体を結び力を伝達します。ですからグリップの善し悪しでボールの飛ぶ方向が決まってきます。この事から正しいグリップを覚える事はとても大切になります。

グリップの種類ですが、まずはテンフィンガーグリップというものがあります。これは別名ベースボールグリップとも言いますが、両手の指を絡ませたり乗せたりする事がない為に簡単にできる握り方です。テンフィンガーグリップと呼ばれている、その名前の様に指10本でクラブを握ります。この為に両手でしっかり握ることが可能なので、力のない人向きのグリップとなっています。

10本の指で握るのは苦手だという人もいれば、10本の指で均等に握れるという安心感があり、そのことで肩の力を抜いてクラブを振ることができるようになった、という人もいますから、人によって合うグリップ形体はさまざまです。要は「これが自分に合うグリップ」だというものを見つけて、あとはその方法で練習を積むというシンプルなものなのです。

そしてこのグリップは他の握り方に比べると両手の間隔が離れているので、肘がおり曲げ易く、バックスイングでは手首を左手の親指側に曲げるのも簡単になります。

様々なグリップがあるので初心者の方は自分に合うグリップが見つける為に色々と試してみると良いでしょう。

1つのグリップを試してみてうまく行かない場合に、もう少し練習をすべきか、あるいは別のグリップを試してみるべきかと悩むことがよくありますが、やはりいくつかのグリップ方法を試してみるのが良いようです。

オーバーラッピングというゴルフでの握り方

オーバーラッピングというクラブの握り方がありますが、これは初心者の方には覚えておいて欲しい握り方です。というのもこの握り方はゴルフの上達にはかなり役立つからです。是非正確に覚えておくようにして下さい。

まずこの握り方では左手でグリップエンドを2センチ程余らせて握ります。それから人差し指の第2関節から小指の付け根にかけグリップをあてます。その後グリップが緩くならない様に中指、薬指、小指でしっかり握ります。そして人差し指を曲げて、親指の内側がグリップの中心よりちょっと右側にあたる用にします。

そして右手ですが、グリップに手の平を横から添え、小指を左手の人差し指と中指の中間におきます。薬指と中指はグリップに絡め、手のひらで左手の親指に被せる様にして握ります。
この握り方では右手の小指が離れているので、右利きの人は右手の力が抑える事ができます。また方向もコントロールしやすくなりますから、是非1度試してみましょう。

クラブのスイングでは、利き手の力を押さえるようにして、引き手(右利きスイングであれば左腕)の力を意識するとよいというのは鉄則です。そうすることで、クラブのスイングが安定して結果ボールコントロールがうまくなるのです。

インターロッキングよりも若干力は必要となりますが(といって筋骨隆々になれと言ってるわけではありません、念のため)、ボールコントロールがしやすいので、オーバーラッピンググリップが合う人はコチラで練習するとよいでしょう。

インターロッキングというゴルフでの握り方

多くのプロゴルファーがしている握り方が、インターロッキングというゴルフクラブの握り方です。これはしっかりとクラブを握れて、また手首が固定できる握りかたです。

このインターロッキングの握り方では、右利きの人は右手が下で左手が上になります。そして左手の人差し指と右手の小指が組合わさる様にします。このインターロッキングと言う握り方は両手の握力が弱い人に向いています。
ですからインターロッキングは当然女性向けの握り方だと言えるでしょう。この握り方だと両手の一体感が感じられるのと、両手で握っているのもしっかりと体感できるからです。そしてやはり右手の力が入れ易いのというのも女性に向いていると言う理由です。

インターロッキングの握り方で注意する点は、指を痛めない様に気をつける事です。なぜなら指を絡ませて握るからです。

逆に言うと、インターロッキングではグリップに力はいらないのです。インターロッキングでは力を加えずにクラブを振りぬくということを意識するようにしてください。そうすることで、より「力の抜けたスイング」への到達が早くなります。(当然ですが、必要なところでは力を入れて、不要なところでは力を抜くという意味です、お間違えの無いように。)

ゴルフの初心者の方はインターロッキングについてよく認識しておいて、自分に適しているかどうかを試してみて下さい。

ゴルフで使用するパターの選び方

ゴルフクラブの中のバターというクラブは、ヘッドの部分の型や種類が様々な物があります。そしてその数はクラブの中でも最も多くなっています。スクエア型のピンタイプ、だ円形のマレットタイプがオーソドックスなものでしょう。

このピンタイプ、マレットタイプの2つのタイプのものが初心者には適しています。マレットタイプはボールの直進性が良い事からゴルフ入門者におすすめなのです。
パターの選択方法としてはパッティングのスタイルに合せて選ぶ方法があり、主にはストローク式とタラップ式というスタイルに分けて選びます。ストローク式にはマレットタイプやオールラウンドのピン型が適しています。

パッチングスタイルがタップ式ならばT型のキャッシュインパターやピン型パターが適しています。その他にもグリーンの芝生の種類に合せてパターを選ぶ事も出来ます。
また選ぶ基準が長さの事もあります。中尺パター、長尺パターの中から選んだり、それぞれの好みで選んだりします。

パターについても最初のうちはどういうものが良いのか分からないかもしれません。ただいずれにしてもパターは練習量がモノを言うショットでもあります。長尺クラブのように、クラブの重さによってスイングのバランスが崩れてしまうということはすくなく、むしろ、そのパターをどれだけ自分のものにできるかということにかかってきます。一旦パターを決めて購入したら、まずはそのパターでひたすら練習をする、ということが重要でもあります。

ゴルフで使用するアイアンの選び方

ゴルフのコースに出る時に必要になるのはアイアンというゴルフクラブです。アイアンはヘッドが鉄製のゴルフククラブの事です。このアイアンは100から200ヤード程の中距離を飛ばす時に使います。

初心者ではミスショットがよくあるので、アイアンを選ぶ時にのポイントとしてはダフらないアイアンややスライスしにくいアイアンを選ぶ事です。
そしてどうもミートが上手く行かないと言う場合には、スイートスポットが広い物を選ぶ様にしましょう。そうすればミートで失敗せずにミスショットも少なくなるでしょう。またスイングも上達する事から、このアイアンは初心者向きのクラブだと言えるのです。

またアイアンを使っている時のアドレスに違和感があれば、そのアイアンは適切とは言えません。アイアンは重めの物を使う方が、スイングの際にクラブの位置を体感できる様になります。この事から初心者の人は軽すぎるアイアンを使うのはなるべく避ける様にしましょう。

といっても、最初のうちは、自分にどのクラブが合うのか分かりにくいものです。そのため自分一人でクラブをそろえるのはやめた方が無難です。特に、立派なクラブをそろえようと思うのであればなおさらです。身近に信頼できる上級者がいればその人に見てもらいながらクラブを選ぶのが良いですが、そういう人がいない場合は、まずは汎用タイプと言われているアイアンを1本だけ持って、練習を積み、スイングが固定化してきたら、徐々にクラブを増やしていくという方法が良いでしょう。