スコアを上げるパッティングについて

パターはグリーン上でボールを転がすために使うクラブなので、ウッドやアイアンに比べると派手さがありません。
ところが「パット・イズ・マネー」という言葉がゴルフの世界にはあるのです。1打のパットがお金に直結するということは、勝負の行方にかかわるということ。つまりパッティングはとても大切だという事ですね。

プロゴルフの試合で勝敗を分けるのが最終的にはパットの優劣だそうです。つまり優れたパッティングがスコアを伸ばすのです。それではここでパッティングについてお話ししましょう。

多くの場合にパッティングの練習というのは、最後になることが多いと思います。一般的に面白くないですからね。もちろんパッティングの練習は自分の部屋の中ででもできますから、その分練習時間を増やすことは可能なのですが、いかんせん、練習を継続するのが難しいのです。

とはいえ、パッティングの練習をしないわけにはいきませんからその練習方法をここで紹介いたします。

まず基本としてパッテングの時には目の真下、もしくはそれより左寄りにボールを置きます。テイクバックとフォロースルーの大きさは同じ位にして力を入れすぎない様にします。
そしてボールを打つ時にはパターを当てるだけでは不十分です。ロフトを正確に使ってボールをしっかり打つのです。

スコアがなかなか伸びない人はパッティングの技術を身につける事が大切になります。
ですからその様な人はパッティングの練習をしてみる様にしましょう。

ドライバーのフォロースルーについて

ドライバーのフォロースルーを注意する事はとても大切です。
いい加減にドライバーを振るのではスコアも伸びなくなります。
フォロースルーをきちんとコントロールできる様になれば、希望通りの球筋を打つ事が出来る様になります。つまりこれはゴルフ上達には欠かせないポイントなのです。
ですからここではドライバーのフォロースルーの方法についてお話します。

ドライバーでのフォロースルーはドライバーをボールに当てるのではなく、ボールにあたってからも完全に振り抜く様に考えて振るのがポイントとなります。
ボールに当てる事を意識するとインパクト時に減速してしまいます。ですからボールは通過点と考え思い切り振り切る様にして下さい。

そして長い飛距離を出したい時には大きなフォロースルーをしましょう。
ボールを打つ習慣はよりも加速する様に右腕を伸ばして大きなスイングアークを作るのです。
又ホールに当たりスイングする時には、目標点にグラブを投げる様なイメージを持って打ってみて下さい。

とどきどき「フォロースルーってインパクトして打った後なんだからどれだけ大きなフォームにしようと変わらないんじゃないの?」と思う人がいます。

しかし論より証拠、まずはフォロースルーを大きくとってみてください。フォロースルーを大きくすることでボールを打った時の印象がだいぶ変わってくるはずですよ。フォロースルーを大きくすることでスイングが大きくなると同時に余分な力が抜けるので、必然的に理想的なフォームに近づくのです。

ドライバーショットの注意する点について

ドライバーショットの練習ではいくつか注意する点がありますので、成績を良くしたいと思っている方はこの点をよく頭に入れておきましょう。
そして練習方法が間違っていると筋肉損傷や姿勢を崩す原因になるので気をつける事も大切です。
それではドライバーショット上達の為のポイントをお話しします。

初心者によくありがちなミスは飛距離の最大限を狙う点です。
殆どのアマチュアさんは出来る限り遠くに目標を設定して狙います。しかしこうするとボールがどこへ飛ぶのかわからなく危険が大きくなります。
そして変な方向へ飛んでいけば、次に繋げにくくなってしまいます。ですから打ち易い場所等の次に繋げ易い場所を目標にするべきなのです。

また他に注意する点はドライバーの扱い方です。他のクラブと同じ様に扱うと失敗してしまいます。
一般的に最初は7番アイアンで練習する人が多いので、ドライバーを初めて使用するとかなりの違和感を感じるのです。

7番アイアンというと、初心者が最初に用いるべきクラブだと言われるように、扱いが簡単なクラブです。一方、ドライバーは最期に扱うべきクラブだと言うように、難しいクラブです。ドライバーを使って下手に飛距離を伸ばそうと無理をして結局へんなフォームがついてしまったという人は何人も慰安す。

それでもドライバーに早く触れたい、というのであれば、最初は他のドライバーと交互に使う様にしましょう。そうすればコツを掴むのが早くなると思います。

ドライバーショットがうまくなるための練習法

ドライバーショットをマスターするのにはきちんとした練習を重ねて、毎回ちょっとずつでもコツを掴んで行く事が大切です。
しかし毎回ただ適当にクラブを振っているだけでは上達にはつながりません。
そこでドライバーショットの腕を上げたいと考えている方へ簡単な練習方法を紹介します。

ドライバーと7番のアイアンを交互に打つ方法はプロも実践しているドライバーショットの練習方法として有名です。7番アイアンでショットした時の感覚がドライバーで掴む時に役に立つとの事です。
一般的な観点からみますと人は苦手な事は避けて、同じ練習ばかりする傾向があると言えます。ですからこの様に違う感覚を体感する様に交互に行う事で簡単に効果が上がるのです。
最初は反復練習なので思った様に出来ずに気をもむでしょうが、繰り返し練習すれば1週間程でコツを習得できるはずです。

もし反復練習がつまらなくてやる気がおきないという方は、この方法にチャレンジしてみると効果が得られると思います。

これに限らず、単調になりがちな反復練習をどのように続けるかというのは、問題になるところですね。自分なりの面白い練習方法を見つけるのも1つですし、あとは成果を確認できる場をもつというのもまた1つでしょう。また、ともに切磋琢磨する仲間がいるというのもまた刺激になるものですね。スコア100を切るのもまた練習次第、少しでも工夫するようにしましょう。