ゴルフでのショットがスライスしてしまう人について

ゴルフでスライスの癖から逃れるために必要なことを説明します。
私がすぐにゴルフを始めることの跡を追った場合の話になりますが、すぐにスケッチをたたくことができる人は、非常に珍しいです。部分の多少はあるものの大多数の人々が名付ける最初でもあるのがスライスです。

すぐにそのスライス癖から除去されることができる人とそうでない人…それを私は、着実に、長年常にと何年も変わることなく見てきましたが、悪習のコートで私は改善してしまいます。地球規模といっても過言ではないのですが、優秀性に関して言ってみれば、何の一つですか?

私は速くそのスライスから除去される方法を調査します。そして、正確にゴルフ・カレンダーで今度は説明していきますと、一部洗礼から2年半逃れることができないケースもあるようです。スーパー典型的だとも言える、ナイフの変動を分析します。(講義、ニシカミノ、ゴルフ・カレンダーに2年半出席している学生のために、一番106がベストスコアだと認識ください)、

ゴルフでスライスグセを直すことができたら、コースを回るのもとても楽しくなると思います。スライスをゼロにすることはできないかもしれませんが、スライスをコントロールすることは可能です。またかなりのベテランゴルファーでもコントロールして曲げることでボールの行方をコントロールしているという人もいますからね。

ゴルフでの握り方のテンフィンガーグリップ

ゴルフをプレイするのに重要になるのがグリップです。グリップはゴルフクラブとゴルファーの身体を結び力を伝達します。ですからグリップの善し悪しでボールの飛ぶ方向が決まってきます。この事から正しいグリップを覚える事はとても大切になります。

グリップの種類ですが、まずはテンフィンガーグリップというものがあります。これは別名ベースボールグリップとも言いますが、両手の指を絡ませたり乗せたりする事がない為に簡単にできる握り方です。テンフィンガーグリップと呼ばれている、その名前の様に指10本でクラブを握ります。この為に両手でしっかり握ることが可能なので、力のない人向きのグリップとなっています。

10本の指で握るのは苦手だという人もいれば、10本の指で均等に握れるという安心感があり、そのことで肩の力を抜いてクラブを振ることができるようになった、という人もいますから、人によって合うグリップ形体はさまざまです。要は「これが自分に合うグリップ」だというものを見つけて、あとはその方法で練習を積むというシンプルなものなのです。

そしてこのグリップは他の握り方に比べると両手の間隔が離れているので、肘がおり曲げ易く、バックスイングでは手首を左手の親指側に曲げるのも簡単になります。

様々なグリップがあるので初心者の方は自分に合うグリップが見つける為に色々と試してみると良いでしょう。

1つのグリップを試してみてうまく行かない場合に、もう少し練習をすべきか、あるいは別のグリップを試してみるべきかと悩むことがよくありますが、やはりいくつかのグリップ方法を試してみるのが良いようです。

オーバーラッピングというゴルフでの握り方

オーバーラッピングというクラブの握り方がありますが、これは初心者の方には覚えておいて欲しい握り方です。というのもこの握り方はゴルフの上達にはかなり役立つからです。是非正確に覚えておくようにして下さい。

まずこの握り方では左手でグリップエンドを2センチ程余らせて握ります。それから人差し指の第2関節から小指の付け根にかけグリップをあてます。その後グリップが緩くならない様に中指、薬指、小指でしっかり握ります。そして人差し指を曲げて、親指の内側がグリップの中心よりちょっと右側にあたる用にします。

そして右手ですが、グリップに手の平を横から添え、小指を左手の人差し指と中指の中間におきます。薬指と中指はグリップに絡め、手のひらで左手の親指に被せる様にして握ります。
この握り方では右手の小指が離れているので、右利きの人は右手の力が抑える事ができます。また方向もコントロールしやすくなりますから、是非1度試してみましょう。

クラブのスイングでは、利き手の力を押さえるようにして、引き手(右利きスイングであれば左腕)の力を意識するとよいというのは鉄則です。そうすることで、クラブのスイングが安定して結果ボールコントロールがうまくなるのです。

インターロッキングよりも若干力は必要となりますが(といって筋骨隆々になれと言ってるわけではありません、念のため)、ボールコントロールがしやすいので、オーバーラッピンググリップが合う人はコチラで練習するとよいでしょう。